バイクの維持費

シェアする

バイクの排気量の違いで異なる維持費

maintenance-cost

バイクを取得するためには、購入費だけではありません。さまざまな税金、保険料も必要になります。このページでは、バイクにまつわる維持費をまとめてみます。

重量税と軽自動車税

自動車重量税(国税)は、126cc~250ccなら新車登録時の1回だけ、251cc以上なら車検ごとにかかります。主に国と市町村の道路財源となります。125cc以下なら重量税はかかりません。

軽自動車税(地方税)は毎年、4月1日現在の所有者に対してかかります。市町村の一般財源となります。分割払いはできず、名義変更や廃車手続きをしても払い戻しはありませんので、バイクを買うなら4月2日以降に買うとその年の課税対象者にならずに多少お得かもしれません。

排気量 自動車重量税 軽自動車税
251cc以上 初度登録から13年未経過
1,900円 / 年
4,000円 / 年
初度登録から13年経過
2,200円 / 年
初度登録から18年経過
2,500円 / 年
126cc以上 250cc以下 4,900円 / 取得時 2,400円 / 年
91cc以上 125cc以下 なし 1,600円 / 年
51cc以上 90cc以下 なし 1,200円 / 年
50cc以下 なし 1,000円 / 年

自賠責保険

バイクや自動車に乗るためには必ず加入しなければならない自賠責保険。未加入や期限切れのバイクに乗ると、道路交通法違反になります。気になる税額は、何年かのまとめ払いにするとお得です。

区分 保険料
12ヶ月 13ヶ月 24ヶ月 25ヶ月 36ヶ月 48ヶ月 60ヶ月
小型二輪自動車 9,640円 10,010円 14,110円 14,480円 18,500円 なし なし
軽二輪自動車 9,260円 なし 13,350円 なし 17,350円 21,280円 25,130円
原動機付自転車 7,280円 なし 9,420円 なし 11,520円 13,580円 15,600円

※2011年4月1日に改定された保険料です。
※沖縄県や離島、一部地域では保険料がことなります。
※被害者の救済を目的とした社会保障的な性格を有する保険のため保険料に利潤は含まれておらず保険会社の利益は発生しないため、各保険会社で保険料の違いはありません。

補償内容

死亡 3,000万円
ケガ 120万円
後遺障害 程度に応じた等級によって 75万円~4,000万円

自賠責保険は任意保険に比べると格安ですが、補償内容は手厚いとは言えない最低限の内容になっています。被害者に著しい障害が残り、介護が必要な状態になってしまうと、億単位の支払い義務が生じることがあります。被害者のためにも自分自身のためにも、任意保険にも加入しておく必要があると思います。私も任意保険に加入しています。何かあってからでは遅いですから・・・。

バイク任意保険

以下のような保険比較サイトで保険各社の内容を比較して、少しでもお得に任意保険に加入して維持費を安く上げましょう。



 ズバットバイク保険比較 <無料>最大4社の保険会社から一括見積もりができるサービスです。申込みは簡単入力3分!
チューリッヒ保険  チューリッヒのバイク保険 ネット契約で1000円割引だそうです。
 保険の窓口インズウェブ バイク保険一括見積ができます。選べる保険会社はアクサダイレクト、チューリッヒ保険会社、三井ダイレクト、共栄火災、あいおいニッセイ同和損保、損保ジャパン、三井住友海上、富士火災。

バイク車検

251cc以上のバイクには、2年に一度(初回は3年後)車検を受けなければなりません。検査手数料自体は1400円ですが、自分で整備ができなければショップに車検を代行してもらうことになります。

車検にかかる料金は、検査手数料+自賠責保険+重量税で、ショップに代行してもらう場合はプラス整備費用や代行手数料などがかかり、相場は全部込みで5万円~8万円といったところのようです。

※参考:日本二輪車協会

バイクのジャンル
バイクのジャンル
バイクを大きく8種に分けて解説します。 好みのバイクは見つかるでしょうか?
バイクの維持費
バイクの維持費
バイクの排気量の違いで異なる維持費 バイクを取得するためには、購入費だけではありません。さまざまな税金、保険料も必要になり...
【最新】2017 国内バイク全車種の燃費・シート高・車重ランキングを排気量別にまとめてみた
【最新】2017 国内バイク全車種の燃費・シート高・車重ランキングを排気量別にまとめてみた
燃費とシート高とバイクの重量もまとめました。 表のタイトル部分をクリックすると並べ替えることができますので、お好きな項目で順位を御覧ください。 最初に表示されるのは、燃費が良い順番となっています。 ※集計は国内バイクメーカーの公式サイトのスペック表で確認しました。逆輸入モデルは含まれていません。 ※生産終了したモデルも含まれています。集計:2017.5.14