バイク用語集 カ行

シェアする

カウル

防風や高速域での空気抵抗を減少させる目的で、バイクの車体に取り付けられたパーツ。主に合成樹脂で作られている。 いくつか種類があり、車体全体をカウルが覆っているフルカウル、車体の上側のみを覆うハーフカウル、ヘッドライト回り...

空冷エンジン

発生した熱を冷却するために外気を利用するエンジン。水冷エンジンと比較して構造が単純でコストも安いため、バイクにはよく用いられる。 走行中の風を多く受けて冷却を促すために、シリンダー付近にギザギザした冷却のためのフィンがつ...

原付

原動機付自転車の略で、その起源は、自転車に小型のガソリンエンジンを付けたモペッドと呼ばれる乗り物である。 一種(50㏄未満)と二種(50㏄~125㏄未満)がある。このうち、一種が原付免許のみで運転できるため、一般的には原...

限定解除

単に限定解除という場合には、主に大型二輪免許の取得をこのように呼ぶ。 1975年から1996年までは、中型限定免許からの限定解除の試験が非常に困難だったため、排気量400㏄を超えるバイクを運転することは現在以上に憧れであ...

剛性

曲げたりねじったりといった物質の形を変える力に対する変形のしづらさの水準のこと。 バイクに関してはフレームの性能に関して用いられる言葉で、安定した走行を求められるバイクではエンジンの性能と剛性とのバランスが大切となるため...

シェアする

フォローする