バイク用語集 ア行

シェアする

アイドリング

エンジンはかかっているが、アクセルを開けていない状態のことを指す。つまり、無負荷状態で最低限度の回転数で稼動し続けている状態である。 暖機運転や信号待ちで停止しているときのこと。 必要以上のアイドリングは無駄遣いとなるこ...
YAMAHA DragStar250

アメリカン

ハーレーダビッドソンに代表される、ホイールベースが長く低い車体でクラシカルな外観が特徴のバイクの日本限定の総称。 全世界的にはクルーザーと呼ばれる。本来はツアラーと同意だが、最近ではツアラーとはフルカウルモデルを指すこと...

アンコ抜き

シート内のクッション材を削り取るなどして、シート形状を変化させること。主に、シート高を下げる目的で行うことが多い。 シート高を下げると同時に足つき性も良くなるため、気軽にトライしてみたくなるところだが、幅が広くなりかえっ...

ETC

Electronic Toll Collection Systemの頭文字を取ったもので、高速道路などの有料道路の料金所で無線通信によってその通行料金の支払いを行うシステムのことを指す。 このシステムを利用するためには、...

ABS

Anti-lock Bracking Systemの略で、強く長くブレーキを踏みこんだ際の車輪のロックを回避するシステム。車輪がロックすると、コンピューター制御でブレーキングを適度にコントロールしてくれるもの。 当初は自...

AT限定免許

オートマチック限定免許は2005年6月1日から取得できるようになった新しい免許。ギアチェンジ&クラッチ操作を行わないバイクのみを運転することができる。 650㏄まで乗ることができる「大型」、400㏄まで乗ることができる「...

エアクリーナーボックス

エンジンの吸気部に装着される空気中の埃や異物を取り除くエアクリーナーを保護し、消音を図るために取り付けられているもの。もちろん、内部に水が進入しないような構造になっている。 その形状によりエンジンに取り込む空気量が違って...

HID

通常のヘッドライトに使われることの多いハロゲンランプよりも明るく、寿命が長いライト。 High Intensity Dischargeの略で、高照度放電装置の意。

エキゾーストパイプ

略してエキパイとも呼ばれる。エンジンから伸びている排気管のことで、その先についているサイレンサーは含まない。 エキゾーストパイプは、4本、2本、1本がよく見られるが、3本というものもある。

押しがけ

バイクのエンジンを車両を押して始動させること。バイクの場合は人力で行う。バッテリーが上がってしまったときなどに有用である。 方法は、メインスイッチをオンにし、ギアを1速または2速に入れ、クラッチを切ってから押す。駆け足く...

シェアする

フォローする