小型限定普通二輪免許ゲット!

シェアする

license1

先日、午後から職場のお休みをいただいて、免許試験場へ。

必要な物は、教習所で準備していただいた卒業証明書などと、自分の免許証、印鑑、手数料(金額を失念・・・なぜか領収証も見つからず)。

手続きをしてロビーで待っていると、なんと教習所の事務のお姉さんが登場。

あちらも私に気づいて声をかける。

「やっぱりー!どっかで会ったな~って思ってたの~。」

うんうん。週に3日くらいは会ってました。

「いよいよとりに来たのね~。今度いつ来るの?」

今からでも行きたいのですが、今からでも手続き大丈夫ですかね。

「だいじょぶ、だいじょぶ。じゃ、向こうで待ってますね♪」

ありがたいことです。免許が交付され次第、向かいますですよ。

しかし、交付時間まで1時間もある・・・。暇つぶしできるようなものを持ってくればよかったと後悔。

・・・だが、予定より10分ほど前に名前を呼ばれる。

「内容が正しいかどうか確認してください~。」

『小型二輪に限る』を消してください・・・と言う勇気はなかった。

もちろんOKなので、そのまま頂いて帰る。

よっしゃ!これで本当に一区切りだ。あとは、「限定解除」のハンコを貰うだけ。

そうだ、普通免許が中型免許という表示になったのだ。

「中型車は8tに限る」のだそうだ。というか、8tまでは運転できることに少し驚き。

実は、私の父はトラックの運転手をしていたのだが、私の小さいころは8t車に乗っていたのだ。自分が小さかったこともあるが、ずいぶんと大きく見えていたのだが・・・。あれを運転できるということなのか・・・?ホントかなぁ。どうも腑に落ちない・・・。

免許試験場をあとにして、早速教習所に向かう。

中に入ると、受付のお姉さんがすでに私の書類を準備していてくれた。「待ってましたよ!」

すぐに手続き&料金を納める。限定解除の教習は¥22,550。ちなみに、小型二輪教習代金は¥85,130だった。今回もオーバーせずにいけたらいいなぁ。

それと、検定で別に¥4,200かかる。検定は2度受けることになるのだが、それでも普通二輪を初めから受けるよりも3~4千円安いそうだ。

次回の教習の予約もとって、あとはその日を待つだけ。くくく、楽しみ!400ccってどんな感じなのかな~。

普通免許と一緒にバイク免許も取得できる合宿免許-比較まとめ