7日目:2段階2・回避、交差点でのケーススタディ

シェアする

day8

この日はいいお天気。しかも久々に暖かい。バイク日和だぜー。

いつもより早めに到着して待機場所で待っていると、教習を終えた人たちが戻ってきた。

「コースわかんねー」ってあせってる若いおにーちゃん。

落ち着いた雰囲気の青年って感じのおにーちゃん。

明日が検定という若いおねーさん。

よし、間違いなく私が一番年寄りだな。わざわざ確認不要だけど・・・。

おねーさんが先生に注意されてた。ギアチェンジするときに、アクセルを戻さないクセがあるらしく、エンジンがいっぱい回ってるのにクラッチ切ってギアチェンジするので、そのたびにガチャン!ガチャン!ってものすごい音がするとのこと。もちろん、そんなことしたらバイクが壊れるよね・・・。でも、きっとおねーさんだって頭ではちゃんとしなきゃとわかってるはずだし、直そうとして一生懸命アクセル戻してクラッチ切る仕草を練習してた。がんばれ、おねーさん。

自分も、自分ではわかってない変な癖とかがついてしまっているかも、と思ったらちょっぴり緊張してきた。けど、今まで教えてもらったことを丁寧にやるだけだ。私も頑張ろう。

まずは、いつものコースをぐるぐる。途中で先生に呼ばれる。なにやらコースの外側にいくようだ。先生は赤と白の旗を持っている。

もしや、回避ってやつか。と、ここで気づいた。100mくらい?離れたところからスタートして30km/hまでスピードを上げ、指定位置まできたら先生が旗を揚げる。赤だと→、白だと←によけて止まる。

先生轢いたらどうしようとか、右側に邪魔な車が止まってるとかいろいろ心配だったけど、まぁちゃんとできた。

続いて、先日の学科でやった注意の内容を、実際に教習場内でやるというケーススタディ。

左折の車に巻き込まれるコント、右折対向車が私の直進バイクに突っ込んでくるコントをやった。

いや、もうありゃコントだよ。車運転してる先生が、ぶつかりそうになるとちゃんと驚いた顔で演技してて、笑った。

残りの時間はいつものコース+急制動をぐるぐる。S字とクランクは久々だったけど、コーン倒さずにできた。どうもクランクが苦手。

次の教習はセット教習で、2時間連続。今日の夕方から行ってくるよ。

普通免許と一緒にバイク免許も取得できる合宿免許-比較まとめ

シェアする

フォローする