原付免許

一番お手軽 原付免許

とにかくエンジンがついたバイクに乗りたいなら、原付免許を取得するのが手です。
普通自動車免許取得者なら、わざわざ免許を取りに行かなくても原付バイクさえあれば乗る事ができます。
50ccクラスのバイクは車体価格も最も安く、維持費ももちろん最も安いです。
ただし制約も多く、高速道路の走行や二人乗りは禁止、一般道でも制限速度が30km/hで右折レーンを含む3車線以上ある交差点では、特別な指示がない限り2段階右折するという義務もあります。

受験資格

  • 16歳以上
  • 視力が両眼で0.5以上であること又は一眼が見えない者については他眼の視野が左右150度以上で、視力が0.5以上であること。
  • 過去に取消処分等(初心取消を除く)を受けた方は、受験前1年以内に取消処分者講習を受講し、かつ、欠格期間経過後でなければ受験できません。

受験方法

  • 各都道府県の運転免許試験場で受験します。
  • 試験内容は、適性試験と学科試験です。
  • 実技試験はありませんが、試験後に実技講習を受講します。

受験手数料

  • 受験料1,500円、原付講習受講料4,200円、免許証交付料2,050円 計7,750円(東京都の場合)
  • 手数料は各都道府県で異なるので、事前に各運転免許試験場で確認する事をお勧めします。

受験に必要なもの

  • 初めて運転免許証を取得する方は、本籍(国籍)記載の住民票(提出となります)に加え、本人確認書類(提示のみ)が必要になります。
  • 写真(縦3cm×横2.4cm、無帽、正面、上三分身、無背景で申請前6か月以内に撮影したもの)・・・1枚
  • 運転免許証がICカード化され、暗証番号が必要になりました。あらかじめ4桁の数字2組を決定しておくと、スムーズです。

受験にあたっての注意点

  • 実際に原付バイクに乗る実技講習がありますので、バイクに乗り降りしやすい服装がベターです。
    靴はヒールつきのものやサンダルは避け、ボトムはヒラヒラしていないものがよいでしょう。
    そぐわない服装のために、実技講習を受けられない場合もあります。
  • 北海道や東北地方では、冬期間原付実技講習を受け付けていない試験場もあります。


https://bikelicense.rojo.jp/about-license/kind-of-license/gentsukimenkyo

小型限定普通二輪免許
小型限定普通二輪免許
125cc以下のバイクを運転できる免許で、もちろん原付もOK。 原付にある二段階右折や30km/hの速度制限がなく、2人乗りも可能。
AT小型限定普通二輪免許
AT小型限定普通二輪免許
クラッチ操作を必要としないスクーターを中心としたバイクのみを運転できるのが、この免許。
普通二輪免許
普通二輪免許
250cc~400ccクラスになると、バイクの種類も増えるので、選ぶ楽しみももちろん倍増します。
AT限定普通二輪免許
AT限定普通二輪免許
400cc以下のATバイクを運転できるのがこの免許。ほとんどがスクーターです。
大型自動二輪免許
大型自動二輪免許
国内モデルのみならず、輸出モデルや海外メーカーのバイクもよりどりみどり。
AT限定大型二輪免許
AT限定大型二輪免許
AT限定大型二輪免許で運転できるのは、オートマチック車限定で650cc以下のバイクです。 取得可能年齢は18歳以上、実際に運転できるバイクの種類はスクータータイプがほとんどでしょう。