限定解除

単に限定解除という場合には、主に大型二輪免許の取得をこのように呼ぶ。

1975年から1996年までは、中型限定免許からの限定解除の試験が非常に困難だったため、排気量400㏄を超えるバイクを運転することは現在以上に憧れであった。教習所を卒業して技能試験免除というシステムはなかったので、運転免許試験場で限定解除審査を受ける必要があり、その合格率は10%以下だった。

現在では、小型限定免許を普通二輪に限定解除したり、AT限定免許を限定解除するなどがある。

スポンサーリンク

フォローする