普通二輪限定解除・教習3「AT~それはスクーター」

今日はスクーター。

125ccのAT教習の時は、「自分でスクーター買うことはないだろうなぁ」と思うほど、スクーターに魅力を感じることができなかった。確かにギアチェンジがなくて、ひたすらアクセル回すだけだから楽なのだが・・・。SRくんに比べて不安定だった、という印象しか残っていない。

さて、そんなイメージのスクーター。

SUZUKI SKYWAVE400

教習車はSUZUKI SKYWAVE400。

その大きさに、不安がつのる。

が、心配は無用だった。車体が大きい分、125ccのスクーターに感じた不安定感はほとんど感じることはなかった。重量があるおかげでふらつくことも全くなく、思ったよりすいすい運転できて、拍子抜け。

足つきも、身長158cmの私でも両足つま先でつくことができた。つま先、といっても結構安定して足をつけられるレベル。「あと一歩でバレリーナつま先」ではない。幅があるので、シート高が低そうに見えても大きなステップに邪魔されて足が着きづらかったりというバイクもあるらしいが、これは大丈夫だった。左足だけならべったりいけるくらい低かった。あ、でも教習車だから低くしてたのかもしれないと今思った・・・。というわけで、この高さがノーマルの高さとは限りませんので、念のため。

教習は、最初に外周を3回ほど回った後、交差点、坂道発進、一本橋、S字、スラロームを回るコースを時間いっぱい走った。

ブレーキが普通のバイクと違っていて、右手レバーは同様に前輪ブレーキだが、左レバーは前後輪ブレーキなのだ。左ブレーキだけで大抵は十分止まれたりするのだが(スピード出てないしね)、坂道下りながら徐行したり、赤信号でいつもより停止距離が短い時などは、右手の前輪ブレーキも使った。足なんかは適当な位置に置いといていいし、いつもよりも操作に気を使わない分、他の部分に目が行ったりあまり集中できていなかったかもしれない。

信号で停止している時、インパネ(バイクでもこう呼ぶのかな?)周りとかじっくり観察してたら、何だか車を運転してるかのように思えてきちゃったり。だって、ホント車みたいなんだもん。収納もついてたりして、いつものバイクとは別物だなーと思った。

確かに楽なのだけど・・・。やっぱり忙しくてもギアガチャガチャしたいな~。「操ってる感」が全然違うんだ。ああ、はやくギア付バイクに乗りたい。あわよくば土曜日に検定合格して、その足でバイク屋に行って→のバイクを買ってしまいたい。納車とか何日くらいかかるのかな?メットも買わなくちゃな。限定解除の手続きって、何時に行ってもいいのかな?

・・・・・・なんて、合格すること前提の自分の未来を妄想しながら運転していたら、1時間の教習があっという間だった。

二輪小屋に戻って、今後の作戦会議。明日はもう予約がいっぱいで、金曜日はどうしても抜けられない仕事があって来られないので、木曜日に残りの教習2時間連続で行うことになった。金曜日も何とか来られればいいのだが・・・当日になってみないとなんともわからん。またしても検定前日にバイクに乗れない事態になってしまっている。

まぁ、仕方ない。木曜日は集中して頑張ろう。まずはコースを覚えて不安材料を取り除くことだ。やることといえば、前回の小型二輪コース+スラローム。あとは急制動がスピードアップしてるくらい。いつも通りやればいいのだ。土曜日、合格目指して頑張る!

普通免許と一緒にバイク免許も取得できる合宿免許-比較まとめ